blog

2018/02/14 09:36

セラウッド塗装は、セラミックの超微粒子(ファインセラミックス)の効果で、紫外線≒エイジングに対する耐性や、耐熱性において高い性能を備えております。

オイル仕上げで良く耳にしますが、『輪じみ』はウレタン塗装でも生じます。実際にウレタン塗装の一枚板を購入なさった横浜市のお客さまから「数ヶ月で輪じみが出来てしまった」とご相談を受けた事が有ります。
これがセラウッド塗装を導入したきっかけでした。
因みにウレタン塗装にできてしまった輪じみは一旦お預かりして補修しないと直す事は出来ません。
(オイル塗装の一枚板はメンテナンスが大変ですが、セルフメンテナンス可能なので、よく説明してご理解頂ける方には販売しております。)
ウレタン塗装は耐候性に問題があるので、現在弊店ではセラウッド塗装を採用しております。下記にその違いを掘り下げて解説します。
「輪じみ」の画像検索結果

ウレタン塗装は経年劣化で、塗膜が黄味がかってくるので、いずれその違いが分かります。。
ウレタン塗装は紫外線による化学変化で黄色く変色(「黄変 おうへん」といいます)します。現在はそれを改良した「非黄変、又は無黄変ウレタン塗料」を多くの木工業者さまが、一枚板の仕上げ塗装に使用していますが、改良品も黄変する性質を僅かな期間だけ抑制できるに過ぎない事が下記にて分かります。(CWF-30クリヤー = セラウッド塗装)


世の中の一枚板はオイル仕上げ又はウレタン塗装仕上げです。
このいずれも紫外線への耐性が低いので、「気付いたら大幅に一枚板の色味が変わってしまった」という事がおきます。
実際に千年家具にもそのようなご相談で来店なさるお客さまも多いです。

例えばウォールナットという樹種は、一般的に経年変化で色味が薄くなると云われています。
実際には色味が薄くなる訳ではなく、少し色味が赤褐色寄りに変化します。実際にウレタン塗装での色味の変化を、下記の椅子にてご覧ください。

左<ウレタン塗装・新品>    右<ウレタン塗装・10年>
ウォールナットで構成されている板座部分において、10年経過すると赤味が強い印象を受けると思います。
見落としてしまいそうですが、ホワイトオークで構成された10本のフレーム部分の色味も比較して見て下さい。
先の実験の項で解説した通り、白→黄味が強くなった印象を受けると思います。
ウォールナット以外の樹種は概ね、紫外線によってこのように色味が濃く経年変化(エイジング)ます。
オイル塗装も同様にエイジングします。
エイジングによる変色はマイナスな面だけでは有りませんが、もう一度椅子の写真を見て「どちらが欲しいと思えるか」見てみて下さい。コントラストが綺麗な新品の方が素敵に見えるのではないでしょうか。
一枚板はお家の中心に置かれる方が殆どです。お部屋の色味等とも計算して導入なさる方が多いので、その色味の変化が少ない方が使いやすいと考えております。

千年家具は、高価な一枚板の仕上げ塗装に、<ウレタン塗装・オイル仕上げ>のような従来品を用いることに疑問を持ち、
新しく、より良いものに「塗り替える」べく、原則 全ての一枚板を「セラウッド塗装」でご提供しております。尚、セラウッド塗装ではオイル塗装に極めて近い『羽衣仕上げ』というツヤ消しの仕上げも選択できます。

セラウッド塗装は「ファインセラミックス」というセラミックの超微粒子が複合されています。その効果によって、塗膜自体が極めて「紫外線に強い」特徴があります。その塗膜でコーティングされている為に、基材自体も守られるという効果が得られます。
「耐熱性200℃」ですので『輪じみ』もできません。汚れや化学薬品も寄せ付けない優れた機能性を持っていますので、メンテナンスフリーでお使い頂けます。

セラウッド塗装はF☆☆☆☆認定を受けていますので人体に無害です。しかし従来品と比較すると極めて高価です。千年家具はセラウッド塗装に対する【永年保証】をしております
一枚板は長く使うものですので、保証がしっかりとした販売業者から購入なさる事をお薦め致します。





上記で触れた仕上げは、一枚板を長く、気持ち良く使う為に大変に重要です。
しかしもっと大切で我々、千年家具が最も「コストと時間」を掛けている事があります。
それは、、、

ズバリ 「乾燥」(板材をしっかりと乾燥させる工程)です。



下記はその簡単な流れです。


①最低3年、長いものは10年超、、通気性の良い屋根下で自然乾燥を行います。<岐阜県.貯木倉庫の一部>



②自然乾燥により平衡含水率が15%(±2%)まで低減した材を、
40℃に温度管理された低温式 人工乾燥機に入れます。旧式のボイラー式等の高い熱を加える乾燥機とは異なり、時間は掛かりますが、変色や変質などの問題が生じにくいのが特徴です。
一枚板となる荒材は50~80mm程度の厚みがある為に60~90日程度かけて、目標含水率10%(±2%)ゆっくりと乾燥を進めます。
<低温式 人工乾燥機>




③低温式の人工乾燥を行ってから一定期間置いた材を原理的には電子レンジと同じ、高周波プレス:水分子を振動・回転させながらプレスする事で、更に水分を抜きつつ、平衡含水率を5ー6%に均一にします。
例えば原板が60mmの厚みがあるとして、3層(20・20・20)で考えると、中心20mmの含水率がこの工程によってのみ作用して低減できます。
皆さんがよく耳にする問題→「一枚板が反ってしまう・割れてしまう」という最大の要因は一枚板の中心付近に残留している水分にあります。これは天日干しや人工乾燥では全く作用出来ません。
高周波プレスという新しいテクノロジーは唯一その問題にリーチできます。

昔の人は現代人よりも無垢材が身近でしたからその性質は良く理解していました。ですから「板」という文字を分解すると、「木が反る」と書くのです。
昔は高周波プレスのようなテクノロジーは有りませんから、無垢板は必ず反ったのです。
従って、<千年家具>は現代の一枚板加工において、高周波プレス=<最も重要な工程>と捉えています。
何故ならこの工程を経ていない一枚板は、古人が示している通り必ずといって良いほど、トラブルを招くからです。
当該工程により、含水率が不均一な状態とは全く異なり、一枚板が”安定した状態”となります。

 <花梨一枚板、高周波プレス>



残念ながら、①のみで加工を行う業者さんが殆どです。当社以外では四国・九州のほんの一部の業者さまだけが③までの加工を行っているのが現状です。
因みに高周波プレス機は極めて大型の機械ですので置場所が必要です。そして何より数千万円の設備ですので日本には数台しか有りません。
因みにその原理を理解せずに「繊維が壊れる」と仰られる業者さまもいらっしゃいますが、高周波によって木の繊維が壊れる事はありません。
明治時代「写真を撮影すると魂が抜かれる」といった風説が流布されました。
新しいテクノロジーとはそういった逆風にさらされながら浸透していくものだと肌で感じます。



一枚板を扱っているお店に行ったら、先ずは「人工乾燥」・「高周波プレス」などの処理を行っているか聞いてみましょう。(因みに高周波プレスがどんな設備か、プロの業者さまでも知らない方が多くいらっしゃいます。。)

そして目の前の一枚板の「含水率」を個別に何%か聞いてみて下さい。しっかりした販売業者は正確に答えられますが、一般論で答えたり、曖昧に答える業者さんには注意して下さい。
「アリ溝吸い付き桟」という反り止めを勧める業者さんもいらっしゃいますが、明らかな勉強不足です。
日本以外ではアジア圏を含めて西欧・欧米その他、全世界的に木裏で一枚板を使っています。より有効面を広く使う目的で合理性を重視してそのように使用するのですが、反り止めを入れてしまえばその合理性を捨てる事になり、加えて本質的な一枚板の価値を下げてしまいます。
極めて大きなデメリットは意匠性を損なうという点です。和室の座卓として用いるのでしたら良いのですが、チェアとの相性は極めてアンマッチとなります。加えて言えば座位での膝と干渉の問題が生じてしまいます。
一枚板は世代を超えて使用頂けますが、削り加工は数十年に1回必要になります。状態を見て木裏で使用する事をお薦めする場合もありますが、反り止めが入ってしまうとそのような使い方も出来なくなってしまいます。
一枚板は木裏の方が模様が綺麗な場合も多いので、次の世代では木裏を使うかもしれません。つまり世代を超えて使える一枚板で反り止めを用いる事は、一枚板の本質的な価値を損ねてしまいます。

現代は新しいテクノロジーによって我々、千年家具が取り入れているような「高い乾燥技術」が確立しています
旧態依然として根拠の無い、「長年の勘」という極めて適当な感覚で加工してしまっていると、、、大切な一枚板が反ったり割れたりして、悲しい思いをすることになります。

近年、乾燥技術が進んだ事でその乾燥技術+木工技法を融合できる存在が求められているのだと我々は考えております。割れ処理部材についてもエポキシ等の極めて優れた樹脂が開発され、『契り』(ちぎり:蝶々のような形状の"埋め木"で割れを留める木工技法)は現代では物理的側面に於いて必要無くなっています。
『千年家具』は必要以上に木工技術に頼らず、新しいテクノロジーとの調和がものづくりには肝要であると捉えております。

例えば自然乾燥のみで含水率18%ほどの材をご家庭で使用していると、経年使用で乾燥が進み、含水率14~15%で反りや小口割れなどが生じます。(一般的な環境で使用していると一枚板の平衡含水率は15%前後で安定します)
樹種によっても差異はあるものの、この様なトラブルが極めて多いです。一枚板は高価な買い物ですので慎重になるべきです。金額以上に残念なのは、思い入れのある家具にそのようなトラブルが発生し悲しい思いをする事でしょう。
千年家具の一枚板は、上記で解説致しました3つの乾燥工程(新しいテクノロジー)によって6%程度まで一度乾燥させて、寸法安定性を担保しています

反りや割れなどの問題を的確に排除し、天然の質感もそのまま表現できる為に我々、千年家具が扱う材には極めて大きな付加価値があります。

先ずは、しっかりと信念を持って「ものづくり」をしている業者を見極める必要が有ります。

我々は素晴らしい一枚板を<千年家具>として、世代を継いで使って貰えるよう加工を施しております。一枚板を「お宝」・「家宝」、即ち財産として新たな価値観をご提供致します。

我々は買って頂いた方に「喜んで頂く」事を、唯一最大の目的として、ものづくりをしております。そして<千年家具=一枚板>を通じて、1000年のお付き合いを頂ける組織作りを目指して不断の努力を致します。



 お陰さまで、全国からお客さまにいらして頂いております。

お気軽にお問い合わせ・ご予約下さい。 (9時ー22時)

≪有限会社千年家具≫
TEL:0120-990-106
  
担当直通:080-1235-3145 



【青山店】
一枚板ギャラリー 千<SEN>
東京都港区北青山3-3-7第一青山ビル2F 

<営業時間9-21時(予約優先)>

<平日:世界初! 家具の無人店舗>

<表参道駅徒歩5分、外苑前駅徒歩3分>

<青山通り沿いマクドナルドのビル2Fに御座います>



【柏店】
無垢一枚板テーブル専門店【slab team】
千葉県柏市あけぼの5-4-6 

<営業時間9-22時(予約制)>

<電車:JR柏~ 徒歩12分>

<お車:常磐道 柏IC ~ 10分 柏警察署すぐ>





全国一律 送 料 無 料 <一部商品を除く>
梱包料5,500円

Search商品検索

Categoryカテゴリー

Guideご利用ガイド

一枚板 〜東京都あきる野市 k様邸
◆モンキーポッドレジンテーブル◆
東京都葛飾区 O様邸

↑写真をクリックすると「導入事例」をご覧頂けます。
多数の導入事例が掲載されていますので、是非参考にしてみてください!


【青山店】
一枚板ギャラリー 千<SEN> 青山店
東京都港区北青山3-3-7
第一青山ビル2F



【柏店】

無垢一枚板テーブル専門店【slab team】
千葉県柏市あけぼの5-4-6

≪(有)千年家具≫
TEL:0120-990-106
   080-1235-3145
   (担当直通)
FAX:020-4664-3846


9:00~22:00(年中無休)

当ギャラリーではお客様にゆっくりと一枚板をご覧頂くために、予約制としております。
当日予約も可能ですので、ご来店いただく前にお電話かメールでご予約ください。
ご予約の際、商品No・ご希望の樹種・サイズ・使用方法などお伝え頂けるとスムーズに御対応可能です。